2008年10月の記事一覧

ベトナムフェスティバル2008

去る9月20日・21日、代々木公園で行われた「ベトナムフェスティバル2008」にMaimaiとCHE ca phe,、出店しました。1日目は台風がそれていい天気、2日目の午後は大雨だったけれど、2日間を通してたくさんのお客様がいらしてくださって、感激でした〜。どうもありがとうございました。

左がMaimai、右はCHE ca phe。スタッフの女子率ほぼ100%。


 
ベトナムのカフェやビアホイに飾ってあるビールやコーラの広告をマネて
こんなピラピラを作ってみました。

Che ca pheもこんな感じで。
ミックスチェー、1日目は途中で品切れになってしまい、ご迷惑をおかけいたしました。

Maimaiでは、「バインミー・シウマイ」を販売しました。ベトナムで食べるみたいに、オーブンで温めたバゲットに蒸し器で蒸した皮なしのシウマイ(ベトナムのしゅうまいって皮がなくてミートボールみたいなんです)をスプーンの背でぶりぶりっとつぶし、トマトソースをたらり、なます、赤唐辛子とパクチー、万ネギを挟みました。ご注文いただいてから作っていたので、お待たせしてしまった皆様、申しわけありませんでした。

実はこのバインミー・シウマイ、わたしが11年前ベトナムで初めて食べたバインミーなのです。初めて行ったベトナム旅行、バインミーが食べたかったのに言葉がうまく伝わらず、(バインミーって、発音が難しい・・・字で書くと「バン!ミー」て感じですかね)食べられないままとうとう最終日の朝、屋台で麺をすすっていたらそこにはなんとバゲットが!これこれ、「食べたい!」というとやおらバゲットをざくざく切って蒸し器の中からシウマイを取り出しぶりぶりつぶしてトマトソースをかけてくれたのでした。パテやハムが入ったバインミーを想像していたわたしには意表をつく展開でしたが、外はカリカリ中はスカスカのバゲットにトマトソースがしみてシウマイからも肉汁がジュワ〜、サイズもほどよくひとつがちょうど1人前、なんて素敵な食べ物なんでしょう!とりこになってしまいました。

それからというもの、ベトナムでは北から南からいろんな具材のバインミーを食べ歩いています。形も大きさもいろいろでおもしろいですよ、ラオスにも足をのばし「カオチー」(ラオス語でバゲットサンドの意味)もたくさん食べました。ラオスのバゲットはちょっともちもちっとしていてベトナムのとはまたちょっと違って食べた感があり。
各地のいろんなバインミーについてはこのブログでも追々ご紹介していきたいと思っております。

今年3月に行ったラオス・ルアンパバーンの市場の中のバゲット屋さん。

本当はベトナムのバインミー屋さんのように炭火のトタンオーブンでバゲット温めたかったなぁ。でも、今回は、江古田に住んでいて、たくさん南米のお料理を教えてくれたコロンビア人のお友だちギジェルモさんが、帰国するときに譲ってくれたでっかいオーブンが大活躍!そういえばもうすぐサンクスギビングデー、彼が毎年このオーブンで、丸ごとターキーを焼いてごちそうしてくれたのを思い出して懐かしくなりました。(話が脱線してしまいましたね・・・)

さてさて今回のフェスで、すごくうれしかったのは、日本人のお客様だけでなく、ベトナム人のお客様もたくさんバインミーを買いにきてくださったことです。1日目の午後から少しずつベトナム人のお客様が多くなり、2日目には大雨の中並んで、ひとりで何本もバインミーを買ってくださるベトナム人の方が急増、とても励みになりました。

カムオン!

江古田のお店を休んでの出店となりましたが、初めての大きなイベントへの参加を通じて得たものはとても多く、今後の店の営業にも必ずや活かせるものと確信しています。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

*おまけ

やっぱり忙しくてラム・チューンのコンサートはゆっくり見に行けなかった・・・残念。これは前夜祭前のリハーサルでのいとしのラム・チューン。

*おまけ その2
同じ代々木公園に出ていた屋台・・・こっちも気になる・・・。
ベトフェスも日本のお祭りみたいにこんなふうに1店舗1品なんていうのもおもしろいですよね。

江古田の2大かき氷!?

秋の気配をそこここに感じ始めた今日この頃ですが、夏の終わりに食べた美味しいものをご紹介します。

早く行かなきゃ、行かなきゃ、と思いつつとうとう食べられなかった去年。
今年は9月になってようやく食べにいきました!パーラー江古田の「沖縄ぜんざい」(¥400)。

黒糖で味つけしたほっこり金時豆が、その煮汁と一緒に、細か〜くかいたふわふわかき氷の下にごろごろ隠れています。かき氷を上からぐしゃぐしゃくずして煮汁と一緒にいただくと・・・ん?予想していた通り、これはベトナムの「チェー」(ぜんざい)に通じるものが?

最後、汁だけになった器をぐぐっと飲み干したところで(これもチェーっぽい)、パーラー江古田のご主人がいろいろ教えてくれました。

「冬は温かくして食べるんですよ」やっぱりチェーと似てます!
今度、沖縄ぜんざいやベトナム以外の東南アジアのかき氷もいろいろ調べてみましょっと。

沖縄には「パーラー」と名のつくお店がたくさんあって、一日中ホットドックやら沖縄そばやら、いろんな軽食、もちろんかき氷も食べられるんだそうです。「パーラー」のあとには「ナビ」とか「花子」のように経営してるオバちゃんの名前がついてる店も多いとか。小学生が買い食いしたり、おじいやおばあがのんびり話をしたりするところなんですって。

「パーラー」って、老若男女が集うまるでイタリアやスペインのバルみたい、あ、そうか、ここもバルみたいなのに「パーラー」という名前ですもんね。

「パーラー江古田」のご主人はそんなパーラーで食べたぜんざいは、沖縄で一番美味しいと感じたそうです。

チェーカフェの「ベトナムチェー」と、この「沖縄ぜんざい」は夏の江古田の2大かき氷といわれていて、ハシゴして食べてるお客さんもいらっしゃるみたい」とご主人。

うれしいじゃあ〜りませんか。チェーカフェももっともっと美味しいチェーを皆さんにご紹介できるよう、頑張ろう!と決意を新たにしたのでありました。

(チェーカフェのMaimaiでの夏期限定営業、パーラーさんの沖縄ぜんざい、今年は終了しております)

*Maimaiの江古田かいわい情報
 パーラー江古田はイートインのできるパン屋さんカフェ。
 パンはどれもこれも美味しくて、いつもついつい大人買い。
 夕方ふらりとコーヒーを飲みにいったりもしています。
 そして夏のオススメはもちろん沖縄ぜんざい!
 練馬区栄町41-15-1F
 8:30~18:00 (火曜お休み)