2009年05月の記事一覧

お昼はバインミー専門。

5月23日から、土日のランチをベトナム路上風バインミー専門店にしました。

低いテーブルとイスで、初めは「ガリバー旅行記みたい!」とびっくりしていたお客さまも、座っているうちに「だんだんなじんできた〜」とまったりしていただいていたようす。ほっとひと安心。

わたしたちのまかないも、ベトナムに想いを馳せながら、このままのテーブルで食べました。
ディナー営業時のテーブルはいつもどおりの高さに戻ります。

初日のこの日はさらにベトナムっぽく、スタッフは全員「ドーボー」(ベトナムで市場やお店の女の人たちがよく来ているパジャマみたいな上下)でキメてみました。いかがでしょう。

Maimaiの土日ランチが変わります。

5月23日(土)より、Maimaiの土日ランチが変わります。
 
「バゲットで食べるおいしいベトナム」をコンセプトに、バインミー(ベトナムバゲット)専門のお店になっちゃいます。
まず、バゲットサンドの中身は3〜4種類から選べて、

こんな感じの、パテを塗ったバインミーも始めます。
その他、おなじみ塩豚カリカリ揚げ・シウマイ・チャーボン(鶏肉のでんぶ)・ラオスのミートソースなどから、月替わりでご用意します。


こちらはBanh Mi Opla(バインミーオプラー/目玉焼きバインミー)。
そのまま半熟の黄身にバゲットをしみ込ませて食べてもよし、自分でバゲットにはさんで食べてもよし、
サイゴンに居る時の朝ごはんはこれと練乳入りコーヒーが定番でした。


そして新しく、Bo Kho(ボー・コー/ベトナムビーフシチュー)が仲間入り、バゲットによく合います。

Cari Ga(カリー・ガー/ベトナムチキンカリー)は今までと同様、バゲットかライスでお召し上がりいただけます。

今までランチにあったPho(フォー)は夜のみのメニューとなります。
ランチにフォーを食べに来て下さっていたお客様には本当に申しわけございません。
ぜひぜひ、バインミーもお試しください。

ランチの時間帯は店内もちょこっと変身。
テーブルが低くなり、ベトナムの道ばたのような感じにしたいと思っています。


壁には、ベトナムの路地に最近よく書かれている、広告もマネして書いてみました。
路地裏でバインミーを食べているような気分になっていただけたらなぁ、と思います。

土日ランチは12時から、14時ラストオーダーですが、バゲットが無くなり次第終了します。
バインミーをディナータイムにお召し上がりになりたい場合は、前日までにご予約いただければお作りします。

ハノイの買い食いおやつ

子どものころ、「学校の帰りに買い食いしてはいけませんよ!」などと叱られながらも目を盗んで買い食いするのが楽しみでした。
ベトナムの子どもたちはいいなぁ。
小学校の下校時間には校門の前にあちこちから自転車に積んだおやつ屋台やら天秤棒やらが、こちらから買いに行かなくてもたくさんやってきます。
でもこんなにたくさんあったら選ぶのに悩んじゃうかも。

 

大人になってもやっぱり買い食いは楽しいものです。
特にベトナムでは目的地にたどり着くまでに何度立ち止まってしまうことか。

それでは今回のMaimaiハノイ買い食い大会。


豚肉の串焼き。もうもうと煙を出して焼いています。

バゲットも置いてあるので挟んでもらいました。

シンプル〜。


自転車に積んで何を売ってるのかな?

カリカリのライスペーパーの上に緑豆あんを塗り、そのまた上からグラニュー糖を振りかけます。

甘いけどこれは結構イケル!


おこわのお店発見。

おこわの上にさつま揚げをのせてもらいました。
お持ち帰り用に包んでもらって。

さつま揚げは隣で手作りしています。
揚げたてのさつま揚げ、たまりません。

買い食いでいつも残念なのは、こういう美味しいしょっぱいおやつに巡り会った時、そこにビールがないことですかね。

ベト旅・ハノイの朝は、はしごです。

ハノイの夜は早い。
はしごして飲み歩いているとホテルに帰る頃には辺りは真っ暗に。
早く寝るか、というわけで、必然的にハノイの朝も早い。
その上、ハノイの朝食はこれがまた魅力的なものがたくさんあって。
とても1カ所では済みません。
 
さてと、まずはフォー。
さすがは本場ハノイ、いつもどこの店に食べに行くかだけでも悩みます。
今回選んだのはコチラ。
以前から通る度に気になっていた初めてのこのお店。

外の席は、低いイスに座って、高いイスをテーブル代わりにして食べています。
この風景、いいですねぇ。
                                                    
外はいっぱいだったので、中に入りました。
出てきたのはこんな牛肉のフォー。

写真の手前のように出てきたのに、お店の人がお箸でぐりぐりっと麺をどんぶりの下から牛肉の上にのっけてくれました。(奥のどんぶりがそれ)
余熱で牛肉に火を通しなさいということですね。
牛肉たっぷり、思ったよりあっさりしていて、スープまで完食。

さあ、そして2軒目。「バイン・ドゥック」を食べに。
細〜い路地の奥にあります。

どんぶりの底いっぱいにお餅のようなバインドゥック、上にひき肉やミニ揚げ豆腐をのせ、ほのかに甘いスープをそそぎます。
お雑煮みたいで大好きなメニュー。
ハノイに来ると必ずといっていいほど食べています。

今回はこちらで「ブン・オック」も食べてみました。
タニシのだしで取った汁にタニシの身も入り、トマトの酸味とブンがよく合います。

 

 「あ〜お腹いっぱい!」のはずが、外に出てこんな店を見つけてしまい、「美味しいよ〜」という笑顔に誘われて・・・。何を焼いてるのかなぁ。

 
やっぱり座ってしまいます。

 
油で焼いていたのは「バイン・チュン・ザン」。
中に緑豆や豚肉などが入ったおこわ。これを焼いて食べます。

バインミーまで見つけてしまい、卵焼きをはさんだバインミーも注文。

シンプルだけど、朝にはちょうどいい感じ。

そして、孵化寸前のアヒルのゆで卵、ホビロン。
シェフ比砂ちゃんは初体験!
サイゴンでは殻ごと出てきて、上の部分を切り、そこからスプーンを入れて食べるのですが、ハノイでは殻をむいてくれちゃいます。
全体が見えてしまうんですね〜。はじめての人にはハードルが高いかも!?

最近、ハノイの天秤でよく見かける、春菊入りの卵焼きも食べてみました。

苦みがくせになりそう。

ここは卵料理専門の屋台。

ふ〜、さすがに満足。今日の朝ごはんはこれで終了です。(あたりまえでしょ〜)