2010年12月の記事一覧

「はじめてのベトナム料理」、整いました。

今年の始めから伊藤忍さん鈴木珠美さんと3人で取り組んできたベトナム料理の本が出来上がりました!

  「はじめてのベトナム料理」
   著:伊藤忍、鈴木珠美、足立由美子
   定価:1,680円(税込)
   発行:柴田書店

大手書店さんにはもう並んでいます。ぜひぜひ、見かけたらお手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。

この本の発売に合わせて、フェアーをしてくださる書店さんもお知らせしますね。
◆青山ブックセンター 六本木店 12月24日から年明けまで
◆TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(六本木ヒルズ内) 1月6日から2週間 
◆青山ブックセンター本店(表参道) 1月(日程未定・決まり次第告知します)

3人のそれぞれの持ち味を結集して出来あがったこの本、ベトナム北から南からいろいろな料理をご紹介しています。ちなみに呑ん兵衛の私は、おもに酒のつまみを担当、バインミーのレシピもやらせていただきました。

年末年始にも、ベトナム料理、ぜひお試しください!

トイレはどこ?

サイゴンに今年出来たホテル「インターコンチネンタル・アシアナサイゴン」。以前は「サイゴン・スクエア」というショッピングセンターだったところに建ちました。
サイゴンはいろいろなものがどんどん変わっていきます。
チーラン公園だったところにも大きなツインビルが出来たし。

さて,このホテルの1階奥のトイレは、どこが入り口かわからない不思議なつくりになっています。

いちおうドアノブがあるのですが、右手に男子トイレ、左手に女子トイレ。こちらが女子トイレの入り口。
ちょっと薄暗いので行き止まりのような空間。
おもしろいなぁ、と思ってパチリ。

もちろんこちらに宿泊しているわけではないのですが、ときどきトイレをお借りしています。感謝。

あっという間に68階。

サイゴンの「スカイツリー」と呼ぶべきか・・・、街の中心部のどこからでも見える超高層ビルが完成してました。

ぴょこっと飛び出している部分はヘリポートだそうです。

ベンタイン市場の裏側からもこんなふうに。バイクタクシーのおじさんに聞いたら「68階だってよ」。

このビル、昨年2月に来た時にはこんな感じでまだ工事が始まったばかりでした。(2009.02)

この頃はこんなに高いビルの工事だなんて思っていませんでした。ちょうど工事現場の道を挟んだところに、鶏の手を茹でて食べるおいしい店があるというので飲みにきていただけ。ものすごいトラックの数だなぁ、ひっきりなしにトラックが現場に入っていくのにびっくりして写真を撮りました。

ちなみにその時食べていたのはコレ。建築関係のお仕事でサイゴンに住んでいらした方から教えていただいたお店です。

今年5月にまたこのお店にいった時にはビルがこんなに出来上がっていました。(2010.05)

地下への入り口に生コンを積んだトラックがまたしてもどんどん入っていきます。店でお酒を飲んでいるとトラックがバックをしに・・・。

ここまでやってきます。

もう完成しているようなので、下まで行ってみました。まだ中には入れません、でもほぼ完成していますね。(2010.11)

見上げると、ヘリポートが。

夜になると上のほうが妖しげに光っているので私は「蛇タワー」と勝手に名付けていたのですが、一緒に行ったツレが「しりあがり寿さんの四コマ漫画(朝日夕刊の「地球防衛家のヒトビト」)のオヤジさんに似ている」と言ってから、「オヤジタワー」とみんなでまたしても勝手に呼んでいます。