朝ごはんの記事一覧

ベト旅・ハノイの朝は、はしごです。

ハノイの夜は早い。
はしごして飲み歩いているとホテルに帰る頃には辺りは真っ暗に。
早く寝るか、というわけで、必然的にハノイの朝も早い。
その上、ハノイの朝食はこれがまた魅力的なものがたくさんあって。
とても1カ所では済みません。
 
さてと、まずはフォー。
さすがは本場ハノイ、いつもどこの店に食べに行くかだけでも悩みます。
今回選んだのはコチラ。
以前から通る度に気になっていた初めてのこのお店。

外の席は、低いイスに座って、高いイスをテーブル代わりにして食べています。
この風景、いいですねぇ。
                                                    
外はいっぱいだったので、中に入りました。
出てきたのはこんな牛肉のフォー。

写真の手前のように出てきたのに、お店の人がお箸でぐりぐりっと麺をどんぶりの下から牛肉の上にのっけてくれました。(奥のどんぶりがそれ)
余熱で牛肉に火を通しなさいということですね。
牛肉たっぷり、思ったよりあっさりしていて、スープまで完食。

さあ、そして2軒目。「バイン・ドゥック」を食べに。
細〜い路地の奥にあります。

どんぶりの底いっぱいにお餅のようなバインドゥック、上にひき肉やミニ揚げ豆腐をのせ、ほのかに甘いスープをそそぎます。
お雑煮みたいで大好きなメニュー。
ハノイに来ると必ずといっていいほど食べています。

今回はこちらで「ブン・オック」も食べてみました。
タニシのだしで取った汁にタニシの身も入り、トマトの酸味とブンがよく合います。

 

 「あ〜お腹いっぱい!」のはずが、外に出てこんな店を見つけてしまい、「美味しいよ〜」という笑顔に誘われて・・・。何を焼いてるのかなぁ。

 
やっぱり座ってしまいます。

 
油で焼いていたのは「バイン・チュン・ザン」。
中に緑豆や豚肉などが入ったおこわ。これを焼いて食べます。

バインミーまで見つけてしまい、卵焼きをはさんだバインミーも注文。

シンプルだけど、朝にはちょうどいい感じ。

そして、孵化寸前のアヒルのゆで卵、ホビロン。
シェフ比砂ちゃんは初体験!
サイゴンでは殻ごと出てきて、上の部分を切り、そこからスプーンを入れて食べるのですが、ハノイでは殻をむいてくれちゃいます。
全体が見えてしまうんですね〜。はじめての人にはハードルが高いかも!?

最近、ハノイの天秤でよく見かける、春菊入りの卵焼きも食べてみました。

苦みがくせになりそう。

ここは卵料理専門の屋台。

ふ〜、さすがに満足。今日の朝ごはんはこれで終了です。(あたりまえでしょ〜)